COLUMN

20年間わからなかったことが解った!

タイショウ

「20年間わからなかったことが解った!」

今朝、ある損害保険会社のお客様のところで聞いた言葉だ。

 

現在そのお客様とは、保険パンフレットのわかりにくいポイントにQRコードをつけて、

スマホでそれを読むと説明動画が流れるという案件を行っている。

今日はその動画の最終に近い打合せだった。

 

保険会社のチェック(校正)は、ものすごく厳重で、

この動画は既に、社内の約50人以上の方がご覧になられているそうだ。

「みんなからとてもわかりやすいと、高評価を得ている」と褒めていただいた。

 

この動画は、保険の契約の仕方が2通りあり、その内容を説明している。

なかなかパンフレットではわかりにくい部分だ。

それを『シルエットイラストのアニメーション』+『少量の文字』+『ナレーション』で

3分弱の動画にしている。

 

確認でご覧になった約50人の中に、

「入社以来、実はよくわかっていなかった。この動画を見て、

20年間わからなかったことが解った!」という方もいたそうだ。

 

その動画をここに載せられないのが残念だ。

 

 

 

 

以前の記事でも述べたように、何かを伝える時にイメージがとても重要だ。

それがわかりにくいものや、難しいものならなおさら。

 

そんな時に動画やマンガはすごく有効な手段になる。

 

 

カミノバマーケティングの動画制作

 

動画は作ったことがない企業はまだまだたくさんあるだろう。

特に中小企業には『動画は高い』と思っている方が多いのではないだろうか。

昔は企業の動画 = テレビCM のイメージしか無かったかもしれないが、

今はそうではない。

動画はそんなに高価なものではない。

 

逆に紙のパンフレットはほとんどの企業にあると思うが、

印刷物のデータを利用して動画を作成するということもできる。

ここに一部の事例を載せている。

※保険会社のお客様の動画は載せていませんが。

      ↓↓↓

カミノバチャンネル(YouTube)

 

そうすることにより、

印刷用に作成した素材を流用できる。

動画にすることでわかりやすくなる。

さらに、インターネット上でいつでも誰でも見れるようになる。

SNSを上手く活用すれば拡散もできる。

さらにさらに、そのログもとれる優れもの。

 

イラストなどの素材を使ったアニメーション動画とARを組み合わせると、

「紙にスマホをかざせばイラストが動き出す」が実現する。

 

アニメーション+声優もオススメ。

 

「20年間わからなかったことが解った!」と言ってくれた方から

今後たくさん動画作成の注文がくることを期待する。